ママ必見シリーズ②

最近ブログの更新か楽しくなってきてネタ探しに奔走している衛生士の奥ちゃんです♡

当クリニック、マタニティー期から産後のママさんも多くご来院されるのでそんな方々から寄せられる質問ナンバー1を奥ちゃんが解決しちゃいたいと思います♡

栄えあるナンバー1は…

ジャカジャカジャカ…

ジャン

( ຶཽ ˙̫̮ ຶཽ )「いつからちゃんとハミガキしたら良いのですか?」

というご質問〜

生え始める頃ってまだ母乳や、ミルクしか飲まないし虫歯にはならないでしょ?って思われてる方が多いみたい…
でも、油断してたらなりません!

ハミガキの開始時期!
ずばり!

下の前歯が生えてきたら!

始めて下さ〜い٩(๑❛ʚ❛๑)۶

始めるといってもまずは「慣らし」です♡

赤ちゃんのお口の中を覗いたり、お口の中に指を入れてみたり、触ってみたり、口慣らしを始めるのです♡

この頃の赤ちゃんは何を触るのもまずお口に入れますよね。
赤ちゃんのお口は敏感なセンサーなのです。
だからお口に触られるのに慣れ、安心することで歯ブラシをお口に入れる準備をするんです。

最初に生える下の前歯は、唾液腺の近くにありいつも唾液に浸されてることで幸い虫歯になりにくい場所です。
その時期だからこそ準備段階なのです!

いきなり磨き始めるなんてダメよ〜ダメダメ♡

そして、本格的に仕上げ磨きを始めるのは
上の前歯が生えてきたら!です。

下と違いココはおっぱいや哺乳瓶がちょうど当たり、虫歯になりやすい場所です。
赤ちゃんの機嫌のいい時間帯を選び遊び感覚で始めましょう♡

また赤ちゃん本人専用の歯ブラシと、ママ専用の仕上げブラシを使い分けると良いと思います。
赤ちゃんはカジカジするのが楽しいですからすぐ毛先が開いてしまいます꒰*´∀`*꒱

ただし赤ちゃんが歯ブラシを持っている時は片時も離れないで下さいね♡

はじめてのハミガキ。嫌がられないコツは上唇小帯に歯ブラシを当てない事です!

上唇小帯とはこちら↓

IMG_7908.JPG
黄色の↑の所です♡
(娘にこの写真撮らせてもらうの大変だったぜぃ(笑))

赤ちゃんの上唇小帯は歯の近くにあり大きいので歯ブラシを引っ掻きやすいんです。
大人でもココが傷つくとすんごい痛いじゃないですか?
上唇小帯を避けて指で唇をよけて磨いてあげて下さい!

それからよく「ガーゼで歯を拭く」なんて耳にしますが、それNGですから〜(´Д` )

ガーゼで拭くとエナメル質の表面にある微細な凸凹や歯の間に汚れを押し込みやすいですからね。

可愛い可愛い生まれたての歯を大切に〜♡

おまたせしました♡
前回の

IMG_7871.JPG
の答え♡

正解は〜♡

ドラえもんのスネ夫でした〜〜〜(*ノε` )σ

え?難し過ぎた?

はい。失礼しました〜♡

武蔵小杉の歯医者【関原デンタルクリニック】

日付:   カテゴリ:スタッフブログ, 小児歯科, 未分類