虫歯治療

初期治療の大切さ

虫歯になってしまった場合、痛みを鎮痛剤で誤魔化していると、悪くなることはあっても絶対によくなることはありません。 自然治癒しないものですので、我慢に我慢を重ねて、鎮痛剤が効かなくなった頃、ようやく重い腰をあげて歯科医院へと足を運ぶことになるのです。


虫歯も、ごく初期のうちに発見し、 適切な予防を行えば治さず済む場合もあります。
例え削って治さなければいけない位進行していても、早い段階であればあるほど、
抜く可能性も低くできます。

虫歯の原因

ものを食べると、口の中には食べカスがどうしても残ります。
口の中にいる細菌がこの食べカスを元にして、ネバネバしたノリのようなものを作り出します。これが歯垢
(プラーク)
と呼ばれるものです。
砂糖などの糖分を多く含む食べカスは、特に細菌に好まれます。この歯垢の中で糖分が分解されて酸や毒素を作りだし、歯を溶かしてしまうのです。

虫歯のはじまりに注意

歯の表面が、チョークのように白く濁ってきたら虫歯の始まりです。歯垢(プラーク)の蓄積は、歯茎の炎症も引き起こします。
歯茎が赤く腫れたり、歯ブラシを使うと出血することになります。歯の裏に歯石が沈着することもあります。

虫歯の症状・治療法・対処法

C1の症状・治療法

症状

歯に小さいくぼみが出来ていますが、エナメル質内までで歯の象牙質や神経までは進行していません。痛みは特に無い状態です。

治療法

むし歯に犯された部分を削り取り、その部分を金属や樹脂で塞ぎます。
経過観察する場合もあります。

対処法

・正しいブラッシング指導を受け、毎日ケアする
・キシリトール配合の歯磨き粉やリンス剤(うがい薬)を使用し予防する
・フッ素コーティング等の予防治療を受ける
・定期検診を受け、むし歯の進行状況を確認する虫歯治療

 

C2の症状・治療法

症状

むし歯が象牙質まで進行し冷たいものや、甘いもので特に感じやすいです。歯の痛みを感じる状態です。キリキリしたり、冷たいものを口にするとしみたりします。

治療法

むし歯に犯された部分を削り取り、削った部分を詰め物がしやすいように形を整えます。大きさや場所によっては、後日詰め物を入れる場合もあります。 その際は、いったん仮の詰め物を入れて、後日詰め物が完成したら来院し歯と詰め物を接着剤で固定します。

詰め物について(場合によっては被せ物)
保険治療の場合 金属や樹脂で埋める方法が一般的
自費治療の場合 人体にとってアレルギーがなく、見た目も歯と同色の白いセラミックや保険治療より精度の高い技工物(歯との隙間を最小に出来る)を用いて埋める方法があります。

 

C3の症状・治療法

症状

むし歯が歯の神経(歯髄)まで進行しています。強い歯の痛みや、歯茎の腫れが出る状態です。 以前に治療を受け神経を抜いてしまった人や、むし歯が進行して神経が死んでしまった場合に起きます。

治療法

むし歯に犯された部分を完全に削り取り、汚れた神経のお部屋を消毒します。削った部分を被せ物がしやすいように形を整えたり土台を入れます。 後日被せ物が完成したら来院し歯と被せ物を接着剤で固定します。

詰め物について(場合によっては被せ物)
保険治療の場合 金属や樹脂で埋める方法が一般的
自費治療の場合 人体にとってアレルギーがなく、見た目も歯と同色の白いセラミックや保険治療より精度の高い技工物(歯との隙間を最小に出来る)を用いて埋める方法があります。

 

C4の症状・治療法

症状

むし歯が完全に進行してしまい歯の根しか残っていません。あごの骨までむし歯が進行しているとひどく痛んだり腫れたりします。

治療法

むし歯が完全に進行しているため、抜歯を行ないます。

抜歯後の治療方法

・ブリッジ(固定性の物)
・入れ歯 (取り外しのもの)
・インプラント(人工歯根)