院長 武石 健司

武石先生へインタビュー

今回は関原デンタルクリニックの院長 歯科医師 武石先生に普段なかなか聞けないプライベートの話しを含めインタビュー致しました。歯科医師になってから現在までの数年間を振り返りながら、これからの目標などを語っていただきました。

 

先生が歯科医師になったきっかけを教えてください。

父が歯科医師で、幼い頃から父の姿を見ていたためか物心つくころには私も歯科医師の道に進もうと決めていました。

日本歯科大学を卒業後、日本歯科大学で補綴の非常勤講師をしている先生の下で働き、地域の歯科医師をめざしてオールマイティーにできるよう何でも学びました。

 

治療を行う際に大切にしていることはありますか 。

そうですね、いくつかありますが、一つ目は患者さんに不快な思いをさせないことです。私たちは、"患者様に対して歯科治療というサービスを提供する身"です。そのことを忘れて、自分の本位の治療をしないことを心がけています。なるべく歯を残す治療を一番に考えて治療を行い、いつまでも自分の歯で噛めるように常に全力でサポートしています。

二つ目は、患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。安心の歯科医療には、患者さんご自身の理解と納得が欠かせません。なので、まず患者様に診断結果や、これから行う処置内容やについて、画像やアニメーションを用いてわかりやすくご説明しています。必ず患者様にご理解・ご納得してもらったうえで治療を開始することを心がけています。

 

治療の際に気をつけていることはありますか 。

患者さん一人ひとりに合わせ、その方のベストを常に探りながら治療を進めています。また、患者さんと一緒に治療のゴールを考え、最良の方法を共に選択していけるよう努めています。そのためには、患者さんの思いを知ることが必要不可欠なため、患者さんが気軽に話しやすい雰囲気づくりに力をいれています。医師本位ではなく患者さんが求めている治療を行うわけですが、プロとして患者様が最良の選択ができるように導いていくことが大切であると考えています。

また、当院はお仕事されている方が、休憩時間などの合間に来院される方も多いので、できるだけお待たせしないようスムースな診療を心がけています。事前に予約をしていただくことで、当日はご到着の後、なるべく迅速に受診できるように努めております。

 

患者さんに歯科医師として伝えていきたいことはありますか

患者さんに伝えたいことは、簡単に言うと「一度治療した歯は二度と戻らない・なによりも自分の歯が一番良い」ということですね。例えば、虫歯になった歯を治療して、セラミックなどで美しい白い歯で治しても、元々の自分の歯の良さには勝てないということです。

ご自身の歯を失わないためにも、正しいブラッシングを行い、プロによる定期的なメンテナンスを継続することが大切だと思います。

 

歯科医師人生におけるターニングポイントはありましたか

いくつかありますが、、。私自身に子供ができたことにより、親御さんの気持ちが分かるようになり、子供や親御さんへの配慮や考え方が変わりました。 以前と比べ、ケースバイケースで柔軟に対応し、お子さんのお気持ちや状況に応じてその子が「歯医者嫌い」にならないよう、やさしい治療を行うようにしています。

 

今後は何の治療に力をいれていきたいですか

治療の選択肢において「1本の歯にこだわる」治療に今後も力をいれていきたいです。患者さんが治療法選択する場面では必ず、考えられる治療法のメリット・デメリットをご説明し、ご納得いただいてから導き、結果的に患者様お一人おひとりにとって「最適、最良の治療」を提供したいです。

 

関原デンタルクリニックはどんな歯科医院ですか?

当院はドクターやスタッフ同士の仲がとても良く、スタッフが楽しんで働くことを大切にしているアットホームな雰囲気があります。プライベートでも食事に行ったり遊びに行ったりもしています。受付・歯科衛生士・ドクター、スタッフ全員がコミュニケーションをとっており、患者さんとしては、このアットホームな雰囲気の中で安心して治療を受けられる点が良いところだと感じています。

なんでも相談できるアットホームな歯科医院=関原デンタルクリニックをキープしつつ、今後も一人一人に合わせた最適な治療方法をご提案していきたいです。

ホームページを見ている患者さんへ一言

地域の方々のお口の健康をお守りするために、出来る限り対応致します。ぜひ、まずはお気軽にご相談くださいませ。

最後にプライベートなご質問をします。
週末はどうお過ごししていますか。

週末は草野球をしています!学生時代に山登りの部活に所属していたこともあり、去年あたりからはまた山登りをしたりしています。あとは、、スカッシュをしたり子供と遊んでいますね。

武石先生、ありがとうございました!