マイナス1歳からの予防!

■「マイナス1歳からの予防」が必要な理由
子どものむし歯予防については、いつから始めるべきなのか、迷われている方も少なくことかと思います。子どもの歯はむし歯になりやすいので、できるだけしっかり予防してあげたいものですよね。そこで意識していただきたいのが「マイナス1歳からの予防」です。
▼「マイナス1歳」とは?

ECD3FEA1-C53E-4FBE-839A-A33B4700117C

マイナス1歳とは、お子さまが「生まれる前」を意味します。つまり、それはお子さまご自身のむし歯予防ではなく、お母さまをはじめとしたご家族のむし歯予防を指しているのです。そう聞くと、少し混乱してしまう方もいらっしゃいますよね。そこでまず、むし歯の特徴についておさらいしておきましょう。
▼むし歯は細菌感染症

9219938A-F35D-453C-945C-E151AB449931

生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内は、ほぼ無菌状態です。当然、むし歯菌も存在しません。それがいつの間にかむし歯菌が住み着くようになり、大切な歯を溶かしていくのです。その感染源となっているのは、主に一緒に暮らしているご家族なのです。むし歯は細菌感染症の一種なので、唾液などを介して感染が広がります。

▼家族が健康なら子どももむし歯ならない子どもは、1歳半から2歳半の時期にむし歯のリスクが上昇します。この期間に、子どもとスキンシップするのは、ご家族くらいですよね。とくに、お母さまとの接触は密になりやすいので、出産前からのむし歯予防に努めましょう。

 

▼マイナス1歳から予防方法

E3D9C4A8-0951-4578-9318-D39CA533F4CD

「マイナス1歳からの予防」といっても、特別な方法が必要となるわけではありません。まず、今現在、むし歯があるのなら、その歯をしっかり治療しましょう。妊娠中は、むし歯治療も行えない時期もあるため、できるだけ早期に治しておくことが望ましいです。
むし歯が治ったら、定期検診を受け、お口やオーラルケアの問題点をチェックしてもらいましょう。併せて予防処置を受けることで、マイナス1歳からの予防も万全となります。ただ、妊婦さんになると、ホルモンバランスの乱れやつわりによる影響で、口腔内の衛生状態が低下しやすくなります。その点も踏まえて適切な準備をしておくことが大切です。
▼まとめ
このように、子どものむし歯の感染源は、お母さまやご家族であるケースがほとんどですので、マイナス1歳からの予防を実践することをおすすめします。これから妊娠、出産を予定されている方は、ぜひ一度、当院までお越しください。マイナス1歳からの予防について、さらに詳しくご説明します。

武蔵小杉の歯医者【関原デンタルクリニック】

日付:   カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ