保険内の被せものについて

こんにちは。関原デンタルクリニックです。
歯を治療・修復をする際、銀歯をはじめ、さまざまな「被せもの」や「詰めもの」がありますが、今日は当院で取り扱っている“保険が適用できる修復方法のメリットとデメリット”をご紹介します。

 

保険が適用できる修復方法として代表的なものとしては、「銀歯」と「レジン前装冠(ぜんそうかん)」があります。

 

銀歯について

Screenshot_20210914-135840~3

写真:銀歯を使用した詰めもの

○メリット

 

  • 保険診療のため自己負担金額が少ない
  • 歯の形態を修復し、噛む機能(一部)を回復させる

 

○デメリット

 

  • 金属アレルギーになる可能性がある
  • 金属が溶け出し、歯茎が黒ずむ可能性がある
  • 虫歯の再発のリスクが高い
  • 審美性(見た目の美しさ)は劣る

 

 

 

レジン前装冠について

レジン前装冠とは、簡単に言うと、保険適用できる前歯のことです。

 

 

PXL_20210914_051213601.PORTRAIT~2

写真:レジン前装冠

○メリット

 

  • 保険診療のため自己負担金額が少ない
  • 中身が金属のため強度が高く、強いかみ合わせにも耐えられる

 

 

○デメリット

 

  • 表面にプラスチックを使用しているため、変色や破損の可能性がある
  • 銀歯と比べると割れやすく、奥歯の修復には向かない
  • 裏側は金属を使用しているため、金属アレルギーや歯茎が黒ずむ可能性がある

 

 

 

当院で取り扱っている“保険を適用できる修復方法”についてお悩みの方、費用について疑問に思った方は、ドクターまたはスタッフへ遠慮なくお声かけください。

 

武蔵小杉の歯医者【関原デンタルクリニック】

日付:   カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ