『シーランント』について

前回、6歳臼歯(第一大臼歯)は
溝が深くて虫歯になりやすいことをお話ししました。
『シーラント』は歯を削ったりすることなく、
虫歯予防のために、溝の部分をプラスッチク(樹脂)でうめる方法です。


奥歯の溝を埋めるシーラント!

1 歯の溝は、複雑な形になっており汚れ(プラーク)が溜まりやすい場所です。
上の図のように、歯ブラシが届かないことがあります。

2 『シーラント』をすることにより溝が埋まり、汚れ(プラーク)が溜まりにくい形状になります。


溝の形はいろいろあります

峡谷のようになっている人もいれば、少し凹んでいるだけの人もいます。
虫歯のなりやすさは、溝の有無ではなく溝の形状に影響させます。


シーラント処置の流れ

① 歯の汚れを歯医者さんの機械や歯ブラシで落とします。

② 『シーラント』を流し込み、光を当て固めます。
『シーラント』をした後は、食事をしていただいて大丈夫です。


シーラントが必要なお子さんの例

★奥歯の溝が深く、プラーク(汚れ)が溜まっている

★顎が小さく、歯ブラシが奥まで届きにくい

★奥歯の溝が初期の虫歯になりかけている

★他の歯が、虫歯になっている


『シーラント』と賢く付き合う2つのポイント

①「入れて終わり」ではありません。

『シーラント』は、噛んでいるうちに少しずつ剥がれ落ちて、
ごく微細な段差ができることがあります。
この段差がプラーク(汚れ)が溜まりやすく虫歯になってします可能性もあります。

※歯医者さんでの定期的にチェックをしてもらいましょう。

② 『シーラント』に過信は禁物!

『シーラント』はあくまで奥歯の溝に対する予防処置です。
定期的に歯科検診にて、歯のお掃除や歯ブラシのやり方、フッ素えお塗ってもらいましょう。


シーラントをした歯は、シーラントしていない歯に比べると、
4年以上で60%も虫歯の予防効果があることが
研究結果でわかっています。

なにかご不明点がございましたら、スタッフにまでお声かけください。

武蔵小杉の歯医者【関原デンタルクリニック】

日付:   カテゴリ:お知らせ, シーラント, スタッフブログ