カテゴリ: お知らせ

妊娠性歯肉炎について

妊娠性歯肉炎とは


原因

妊娠中はホルモンの分泌が盛んになり、このホルモンを好む細菌が増えることで
他の方よりも、歯肉炎になりやすくなります。
しかし、必ずしも歯肉炎になるとは限らず、日頃からの歯磨きをしっかりと行えば、
歯肉炎を防ぐことは可能です。


主な症状

●歯肉の赤みや腫れ

●歯肉からの出血



歯周病が胎児に及ぼす影響

【 低体重出産 】

低体重出産のリスクは、他の方と比べて7.5倍にもなると
言われています。

【 早産 】

歯周病が悪化すればするほど、出産時期が早くなると言われています。



武蔵小杉の歯医者【関原デンタルクリニック】

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ, 妊娠性歯肉炎

『シーランント』について

前回、6歳臼歯(第一大臼歯)は
溝が深くて虫歯になりやすいことをお話ししました。
『シーラント』は歯を削ったりすることなく、
虫歯予防のために、溝の部分をプラスッチク(樹脂)でうめる方法です。


奥歯の溝を埋めるシーラント!

1 歯の溝は、複雑な形になっており汚れ(プラーク)が溜まりやすい場所です。
上の図のように、歯ブラシが届かないことがあります。

2 『シーラント』をすることにより溝が埋まり、汚れ(プラーク)が溜まりにくい形状になります。


溝の形はいろいろあります

峡谷のようになっている人もいれば、少し凹んでいるだけの人もいます。
虫歯のなりやすさは、溝の有無ではなく溝の形状に影響させます。


シーラント処置の流れ

① 歯の汚れを歯医者さんの機械や歯ブラシで落とします。

② 『シーラント』を流し込み、光を当て固めます。
『シーラント』をした後は、食事をしていただいて大丈夫です。


シーラントが必要なお子さんの例

★奥歯の溝が深く、プラーク(汚れ)が溜まっている

★顎が小さく、歯ブラシが奥まで届きにくい

★奥歯の溝が初期の虫歯になりかけている

★他の歯が、虫歯になっている


『シーラント』と賢く付き合う2つのポイント

①「入れて終わり」ではありません。

『シーラント』は、噛んでいるうちに少しずつ剥がれ落ちて、
ごく微細な段差ができることがあります。
この段差がプラーク(汚れ)が溜まりやすく虫歯になってします可能性もあります。

※歯医者さんでの定期的にチェックをしてもらいましょう。

② 『シーラント』に過信は禁物!

『シーラント』はあくまで奥歯の溝に対する予防処置です。
定期的に歯科検診にて、歯のお掃除や歯ブラシのやり方、フッ素えお塗ってもらいましょう。


シーラントをした歯は、シーラントしていない歯に比べると、
4年以上で60%も虫歯の予防効果があることが
研究結果でわかっています。

なにかご不明点がございましたら、スタッフにまでお声かけください。

武蔵小杉の歯医者【関原デンタルクリニック】

日付:  カテゴリ:お知らせ, シーラント, スタッフブログ

電子タバコについて


電子タバコは、タバコの葉を燃焼させないため
主流煙中に含まれる一部の有害物質
(タール・一酸化炭素など)は
確かに減少していまが、
ニコチンの量は紙巻きタバコと比べて
減っていません。
ニコチンは、タバコの依存症のかなめとなる物質ですが、
お口の細胞や細菌にさまざまな悪影響を与えることが分かっています。

①炎症が起こりやすくなる

ニコチンは、炎症物質の産生を促します。

②歯茎の弾力を失わせる

歯茎内部の角化を進め、血流が悪くなり
栄養補給や老廃物質の除去能が落ちます。

③細胞を弱くする

ニコチンにより活性酸素や一酸化酸素が作られ
歯茎の細胞が酸化・老化します。

④歯根膜への影響

歯の根と顎の骨を結びつけている細胞の集まり(歯根膜)が
ダメージを受け、剥がれやすくなります。

⑤顎の骨への影響

古い骨を壊す破骨細胞と、新しい骨を作る骨芽細胞があり
ニコチンはこの破壊と再生のバランスを、破壊の方に
傾けてしまいます。



ないかわからないことあれば、なんでもご相談ください☺️

武蔵小杉の歯医者【関原デンタルクリニック】

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ, 電子タバコ

ホワイトニングについて

ホワイトニングは『シミるっていうし、歯に悪いんじゃない?』と思っている方がいると思います。
しかし、ホワイトニングの薬剤には、殺菌作用があり、
虫歯の予防や歯周病の予防に効果があります。





※タバコはとても着色しやすいです。
※ヨード系のうがい薬にも要注意!


ホワイトニングの効果を長持ちさせて、白い歯を維持するためにも、
健康な歯を保つことが大切です。
定期的に歯医者さんでの定期な検診や歯のクリーニングを行い美しい口元を保ちましょう。

武蔵小杉の歯医者【関原デンタルクリニック】

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ, ホワイトニング

スポーツドリンクについて

飲み過ぎに注意なスポーツドリンク!
本格的に夏が始まり、熱中症の予防でスポーツドリンクを飲む機会が増えていると思います。
しかし、スポーツドリンクは酸と糖を含むため頻繁に摂取していると、
歯に思わぬダメージを与えることがあります。





スポーツドリンクは飲むタイミングももちろん
カロリーや糖分をチェックし、商品を選びましょう。
スポーツドリンクでミネラル・水分をしっかり補給して、
日常生活や運動を楽しんでくださいね🌱

武蔵小杉の歯医者【関原デンタルクリニック】

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ, スポーツドリンク

インプラントについて

インプラント治療とは?

★歯を失った所に、人工的にインプラントを骨の中に埋め込み、
その上に人工の歯を取り付けます。

★埋め込む材料はアレルギー反応が少ないチタンという
金属が用いられています。

★1本だけ歯を失った場合や全ての歯を失った場合でも
一定の条件をクリアすればインプラント治療をうけることができます。


歯がなくなってしまったら・・・・?

💡3つの方法があります💡

入れ歯

【メリット】

  • 短期間で作れるため、歯の機能を早く取り戻すことができる。
  • 手術の必要がない。

【デメリット】

  • 違和感があり、取り外しが面倒に感じる。
  • 硬いものが、噛みずらい。
  • 入れ歯のバネが目立つ。

ブリッジ

【メリット】

  • ご自身の歯と同じように噛むことができる。
  • 手術の必要がない。
  • 取り外しがない。

【デメリット】

  • 健康な歯を削る必要がある。
  • 汚れが溜まりやすく、清掃性が悪い。

インプラント

【メリット】

  • 自分の歯のような感覚で、噛めることができる。
  • 天然の歯とほぼ変わらない見た目である。

【デメリット】

  • 保険適用外なため治療費高い。
  • 治療期間が長い



歯に関すること、なんでもご相談ください💡

武蔵小杉の歯医者【関原デンタルクリニック】

日付:  カテゴリ:インプラント, お知らせ, スタッフブログ

親知らずについて②

前回は、親知らずを残したときのメリット・デメリットを説明しました☺︎


今回は、親知らずを抜歯したときのメリット・デメリットの説明をします。


親知らずを抜歯したときのメリット

  • 虫歯や歯周病のリスクを減らします

親知らずを抜くことにより、歯磨きがしやすくなります。
それにより、隣の歯が虫歯や歯周病になるリスクを減らすことができます。

親知らずを抜歯したときのデメリット

  • 抜歯した後、痛みや腫れがでる可能性がある。

    抜歯をしている間は、麻酔が効いているため痛みはありませんが、
    麻酔が切れた後に痛みや腫れがでることもあります。
    ☆抗生物質や鎮痛剤が処方されます
  • 感覚麻痺が残る可能性があります。

    下の親知らずの位置によっては、下顎管という管の中にある太い神経を
    傷つけてしまい、下唇に感覚麻痺(痺れ)が残る可能性があります。
    可能性は1%以下の程度で、その中のほとんどの場合は回復していきます。


武蔵小杉の歯医者【関原デンタルクリニック】

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ, 親知らず

親知らずについて①

親知らずとは

永久歯(大人の歯)の中で最後に発育します。
奥歯の中で最も後ろに位置する歯であり、
第3大臼歯が正式な名称で、智歯(ちし)とも呼ばれています。

★ 親知らずは一般的に上2本、下2本→計4本ありますが
もともと親知らずがない人もいます。


親知らずを残したときのメリット

  • 移植歯として使えることがある
  • 入れ歯やブリッジとして利用することができる


親知らずを残したときのデメリット

  • 虫歯や歯周病になる可能性がある
  • 智歯周囲炎(腫れる)になる可能性がある


次回の内容は抜歯するメリット・デメリットをお話しします🙂

(さらに…)

武蔵小杉の歯医者【関原デンタルクリニック】

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ, 親知らず

マウスピース(ナイトガード)について

マウスピース(ナイトガード)とは



マウスピース(ナイトガード)は、歯ぎしりから歯を守るために就寝中に装着するものです。
マウスピース使うことにより、歯や顎に加わる力を緩和することができます。
マウスピースは歯医者さんで型取りをして、オーダーメイドで作製します。



マウスピースの効果

  1. 歯のすり減りを防止する
  2. 顎関節の負担を軽減する
  3. 歯の位置を保定する
  4. 歯にかかる負担を低減する

症状を悪化させないためにもマウスピースで歯を守りましょう。
マウスピースをすることにより、症状が軽減されます。


マウスピースのデメリット

  • 使用中は口の渇きがあり、違和感があります
  • 耐用年数には個人差があります
  • コストがかかります(4,000〜5,000円)


マウスピースはいろんな種類があります。
症状に合わせたマウスピースをはめないと、逆に症状を悪化させてしまうことがあります。
症状を悪化させないためにも歯医者さんで自分に合ったものをつくってもらいましょう。

武蔵小杉の歯医者【関原デンタルクリニック】

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ